Top >  しわ・シミの種類 >  老人性色素斑

PICK UP!!

みるみるお肌が若返る!
アメリカで大人気のバイオ基礎化粧品b.glen

しわに効果がない化粧品には、理由があります。

エステナードソニック
たった5分でシミ・たるみのない小顔に!?芸能界・モデルさんの間でも話題です。

【お試しキャンペーン】
高級プラセンタとセラミド2週間分

・気になるシミ、シワ、乾燥に負けない
・30〜50代専用アンチエイジング
・製薬会社が作る徹底した品質管理

老人性色素斑

老人性色素斑とは、長期に渡り、紫外線によってメラニン色素の沈着が起こり、それが原因でできるしみのことです。形は円形が多く、顔や手の甲に多く見られるようです。この老人性色素斑は、30才代ぐらいから出来始めるようですが、早い人だと20才代から見られる場合があるようです。紫外線を浴びることによってできるので、紫外線を浴びないようにするだけでも、しみが表面化してくるのを防ぐことができます。

老人性色素斑は、そのしみの中でも厚みがあったり、ざらつきのあるようなしみだと、医療用レーザーでの治療を行なわないと消すことはできません。この厚みは、メラニン色素を持った表皮が厚くなったもので、どんな美白用の化粧品などを使用しても効果はありません。医療レーザーだと、メラニン色素のみを吸収して、しみの表皮と角質層をはがし、一時的にかざぶたにはなりますが、新しい皮膚ができ、しみはとれるということです。

この老人性色素斑に効果のある治療法は、次のとおりです。IPL治療・レーザーフェイシャル・外用薬(トレチノインと美白剤の併用療法)・ケミカルピーリング・イオン導入などです。しかし、まずはこのようなしみができないよう、日頃から紫外線予防をしっかりとすることが大切でしょう。

 <  前の記事 フォトRFって?  |  トップページ  |  次の記事 肝斑  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 買取 価格

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「しわ取り、シミ取り、効果があるのは?」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。