Top >  しわ・シミの種類 >  肝斑

PICK UP!!

みるみるお肌が若返る!
アメリカで大人気のバイオ基礎化粧品b.glen

しわに効果がない化粧品には、理由があります。

エステナードソニック
たった5分でシミ・たるみのない小顔に!?芸能界・モデルさんの間でも話題です。

【お試しキャンペーン】
高級プラセンタとセラミド2週間分

・気になるシミ、シワ、乾燥に負けない
・30〜50代専用アンチエイジング
・製薬会社が作る徹底した品質管理

肝斑

肝斑と呼ばれるしみは、30代〜40代の女性に出来やすいしみです。眼の下や両頬など左右対称に見られ、薄茶色をしています。大きさや形は様々で、炎症などの自覚症状はまったく無いようです。熟年女性に多く見られ、なぜか男性にはほとんど見られません。この肝斑の原因は、不適切なマッサージを続けていたり、ホルモンバランスの崩れなどで出来るのではないかと考えられているそうです。

この肝斑は、発生した当初は、頬がくすんだ感じがする程度で、なんとなく顔がくすんでいるなあと見えるぐらいですが、放っておくと次第にその範囲は広がり、色も濃くなってきます。やがてはっきりと見えるしみとなり、非常に改善しにくいしみとなってしまいます。顔の広い部分に広がったり、はっきりと見えるようになってしまうため、大きな悩みとなる方も多いようです。紫外線により増幅するので、夏に増え、冬には少し減るそうです。

この肝斑の治療法として、レーザー治療は効果がありません。内服剤での治療が有効で、早くて2週間ぐらいで効果が現れるようです。その他に、外用剤(トレチノインとハイドロキノンの併用療法)やケミカルピーリング、ビタミンC誘導体とプラセンタのイオン導入なども有効とされています。

 <  前の記事 老人性色素斑  |  トップページ  |  次の記事 老人性ゆうぜい・老人性イボ  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 買取 価格

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「しわ取り、シミ取り、効果があるのは?」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。