Top >  化粧品・医薬品 >  ハイドロキノンの危険性

PICK UP!!

みるみるお肌が若返る!
アメリカで大人気のバイオ基礎化粧品b.glen

しわに効果がない化粧品には、理由があります。

エステナードソニック
たった5分でシミ・たるみのない小顔に!?芸能界・モデルさんの間でも話題です。

【お試しキャンペーン】
高級プラセンタとセラミド2週間分

・気になるシミ、シワ、乾燥に負けない
・30〜50代専用アンチエイジング
・製薬会社が作る徹底した品質管理

ハイドロキノンの危険性

ハイドロキノンとレチノインをコンビとして使用したしみなどを改善する治療法があります。大変効果があり、注目されている治療法のひとつですが、ハイドロキノンは大変危険な物質であるということをご存知ですか?ハイドロキノンは、肌の色素を取り、しみをなくして、美白効果が得られるとても効果的な薬品です。しかしこの効果は、本来紫外線から肌を守るために生成されるメラニン色素を、作れないようにしてしまうので、治療後は紫外線の害をそのまま受けてしまうことになるのです。その結果、少量の紫外線を浴びただけでもダメージは大きく、逆にしみやしわを増やしてしまう結果となってしまうようです。ハイドロキノン配合の製品には必ず「ハイドロキノンの使用後はUVクリーム等を使用すること。」という注意書きがあるようです。

また、このハイドロキノンの被害はこれだけではありません。発ガン性のある成分を含んでいる薬品であるということが分かり、2001年にイギリスでは販売禁止となりました。南アフリカでも使用禁止となっています。このようにハイドロキノンは大変危険性の高い薬品であることが分かりますね。美しさや若さを求めるばかりに、本来の人間の仕組みや機能を変えてしまうようなことをすると、本末転倒となる結果が待っているのかもしれません。このハイドロキノンのように、肌や体に対し少しでも危険性がある場合は、よく検討して使用するようにしましょう。

 <  前の記事 ポラリスVSサーマクール〜効果の違い  |  トップページ  |  次の記事 トレチノインって?  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 買取 価格

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「しわ取り、シミ取り、効果があるのは?」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。